現在地

昼闇山

【行動概要】 

 GWは池ノ谷に入ろうと計画していたが、雪崩が怖いので中止し、海谷山塊の昼闇山に転戦した。昼闇山はかねてから行きたいと思っていた。2013年3月に烏帽子岳東稜に行った際に見た、広大な山岳景観の奥にどっしりと座した昼闇山が印象に残っていた。

 山行には、K氏がスノーボードを背負って同行してくれた。今年は春先に低温が続いたため、この時期になっても雪がたくさん残っている。昼闇谷から左岸の尾根に上がり、苦しい登りで稜線まで達すると、青空のもと一気に展望が開けた。頂上直下の雪稜は大きく割れている。ここはスキーを脱いでピッケルとアイゼンに替え、慎重に通過した。頂上は風が強くて寒いので、昼食もそこそこに下山を開始した。

 北面の大斜面を滑り降りた。K氏は華麗にボードをさばいて、たちまち遠くに行ってしまう。自分も大滑降と言いたいが、登山靴にフリートレックでは思うようにいかない。でも、この斜面の広大さには感心した。スキーを脱いだ後は、こごみを摘みながら下山し、焼山温泉の露天風呂につかった。最高に気持ちよかった。

 

【タイム】

5:25焼山温泉上部の除雪終了点⇒7:00昼闇谷に入る⇒9:45稜線に出る⇒11:00昼闇山頂上⇒12:00ドロップポイント⇒14:07駐車地点