現在地

錫杖岳1ルンゼ敗退

2017年3月5日(日)日帰り
■コースタイム
3時50分:中尾高原口駐車場発
4時40分:クリヤ谷渡渉ポイント
5時30分:クリヤ谷岩小屋
6時00分:1ルンゼ取付き
9時00分:1P目敗退、1ルンゼ取付き
9時40分:3ルンゼ取付き
10時00分:登攀開始
12時30分:終了点
14時00分:3ルンゼ取付き
14時40分:岩小屋、荷物整理
15時25分:中尾高原口駐車場着

1ルンゼ狙いで錫杖岳へ。
朝早くに中尾高原口の駐車場スタート。
ヘッドランプをつけてアプローチする。クリヤ谷を曲がり、前衛壁が見えてくるとヘッドランプの明かりが
多数見え、多数のクライマーが取付きへ向かっていることがわかる。
我々も急いで1ルンゼの取付きへ向かう。ちょうど取付きで周囲が明るくなった。
すでに先行パーティのトップが、登り始めている。が、氷が切れており、
相当に苦戦を強いられている。先行パーティが登り終わるのを待って登攀開始。
我々は夏ルートを途中まで登り、切れている氷の上に出るラインを取った。
Ⅳ+程度の難易度であった。セカンドが登り始める頃には、気温がどんどん上昇し、上部で崩壊が始まった。
このまま登り続けると氷の倒壊に巻き込まれる可能性があったため、1P目で下降を決めた。
先行パーティもここで下降していた。1ルンゼは今年の目標の1本であっただけに残念であった。
来年の再チャレンジを誓い下降した。
まだ時間があるため、次にどのルートを登るのか迷ったが、
萩原がまだ3ルンゼを登っていないので、3ルンゼに行くことに。
こちらは、少し日陰になっているため、氷が安定してそう。
しかし、依然気温は高く、氷壁はシャワークライムとなる。
3P、3時間程度で登り切り、同ルートを下降した。