現在地

笛吹川乙女の沢

2017年1月29日(日)日帰り
■コースタイム
6時00分:西沢渓谷駐車場発
8時30分:乙女の沢取付き
13時00分:終了点(大滝上)
15時20分:取付き
17時45分:駐車場
寒波がきており、笛吹川へアイスクライミングに出かけた。
東沢のアプローチは初めてであったがなかなかスリリングなアプローチで
それ自体楽しい。また、そこら中に氷瀑があり、見るものを飽きさせない。
山の神付近に大氷瀑があり、当初これが乙女の滝かと間違えた(鷹見岩前沢のようだ)。
山の神からさらに進むと、左手にブルーの滝を落とした乙女の沢に到着した。
登攀は全部で9Pで特に難所はなかった(乙女の滝から大滝上部まですべて確保)。
大滝は右岸を大きく巻いて下降、大滝より下部は懸垂で下降した。
ロープは、1本で行ったが、懸垂を考慮すると2本で行くべきであった。