現在地

立山連峰縦走・爺ヶ岳南尾根

■メンバー:著者、その他1名

■4月29日(金)風雪
8時出発のトロリーバスに乗り扇沢を出発、室堂へ移動。室堂から雷鳥平まで移動する。風雪で雷鳥平からの登りルートがはっきりしないこと、および降雪による雪崩リスクを考慮し、この日は雷鳥平に幕営し停滞とした。夜中雪が降り続き、30~40cm程度積もったようである。

■4月30日(土) 晴れ⇒風雪
起床(3:30)~雷鳥平出発(4:30)~剣御前先引き返し地点(7:30)~立山雄山(11:30)~雷鳥平(12:30)
雷鳥平から別山尾根経由で剣岳を目指すべく、出発。前日までの雪が積もっており、雪崩が怖い。雷鳥沢の登りは、ルート上に赤旗が立っており、よい目印となる。吹き溜まりは腰程度まで潜るところがあるものの、ほとんど硬い雪面の登りになる。別山乗越、剣御前を超え、前剣を偵察するが、リスクが高いと判断。また午後には天気が悪化する予報であったため、一服剣手前で引返すことを決定。別山乗越に戻り、立山を縦走することに計画を変更した。別山乗越で出会った山岳警備隊の方に計画変更する旨を伝えた。会名を伝えただけで、どのパーティか分かったようであった。さすがは、富山県警山岳警備隊、恐るべしである。あとはてくてく、稜線歩きで雄山に到着。雄山までの稜線にはほとんど人がいなかったが雄山には多くのパーティが登っていた。一の越経由で室堂に下山。12時30分に雷鳥沢に戻る。夕方より天候が悪化し、立山連峰では多数の遭難者が出たようである。

■5月1日(月)風雪⇒晴れ
起床(4:30)~雷鳥平でロープワークの訓練(11:30)~室堂~扇沢

朝からかなりの風雪でこの日も行動できそうになく、ロープワークの訓練することにした。11時30分までみっちり訓練し、扇沢へ下山した。大町に向かい、風呂に入り前日までの疲れをとる。時間が余ったため、以前から行ってみたかった山岳博物館に立ち寄る。北アルプスの自然環境や、人とのかかわりなど、興味深い資料が多数展示してあった。山屋なら一回行っておいて損はないだろう。扇沢へ戻り、山の話をおかずに酒を酌み交わした。

■5月2日(火)晴れ
起床(3:30)~出発(4:30)~南尾根経由、爺ヶ岳中央峰(9:30)~扇沢(12:30)
本日は快晴の予報であるため、爺ヶ岳の南尾根を登ることとする。30分程度柏原新道を進み途中の標識より、南尾根に入る。藪漕ぎになる。ジャンクションピーク(以下JP)手前の偽JPより、雪が出てくる。アックスを取り出す。JPまでは扇沢からおよそ3時間で到着。JP付近は開けた雪原になっており、テントも何張か張ってある。
ここより、強風で雪がついてない尾根を登る。30分程度で北峰に到着。アイゼンを装着し、中央峰に登る。2日前に登った剣御前~立山の稜線が綺麗に見える。まるで厳冬期のような装いである。すぐに下山を開始。気温がぐんぐん上がり、雪がグズグズになっていく。帰りは3時間で扇沢まで同ルートを下った。